肌力を高めるホームケアで、皮膚炎からすこやか美肌へ

マベルMika式肌断食のはじめ方とチェックポイントを詳しく解説!

このブログにたどり着いてくださって、ありがとうございます。

皮膚炎や肌トラブルを解決するために、必要なスキンケアがあります。
それが、マベルMika式肌断食を用いたスキンケアです。

この記事では、マベルMika式肌断食とはなんなのか?についてお伝えしていきます。

目次

“マベルMika式肌断食”が誕生した経緯

私が皮膚炎になったのは2019年です。
その2年前に酒さ様皮膚炎になり、自身でその解決のためにスキンケアを試行錯誤したエステティシャンがいました。

それが、私を皮膚炎から救ってくれた、Mika先生(https://profile.ameba.jp/ameba/mikasanchichichi/)です。

皮膚炎になり調べていくと、Mika先生の配信にたどり着く方は多いかと思います。
(私もその1人でした!)

当時、美容の専門であったMika先生は、皮膚科での治療はもちろんのこと、炎症した肌を鎮静させるための鎮静パックを試したり、化粧品を変えたりと、さまざまなケアを試されています。

その結果「水でさえ洗顔しない」「保湿も何もつけない」というケアによって、皮膚炎が好転していくことに気が付きます。

そうして生まれたのが「マベルMika式肌断食」です。

他の「肌断食」と「マベルMika式肌断食」との違い

「肌断食」と一言で言っても、いろんな方法があります。

  • 石けん洗顔とワセリンで保湿する肌断食
  • 洗顔だけして保湿はしない肌断食
  • ぬるま湯洗顔だけする肌断食

などなど。

皮膚科医の先生が書籍を出版されていらっしゃるので、ご存じの方も多いと思います。

それらの肌断食と、マベルMika式肌断食が違うのは、【目的】と【やり方】です。

マベルMika式肌断食をする目的

まず、多くの肌断食メソッドはスキンケアを一切やめることで、健康な肌にするという目的があると私は理解しています。

化粧品が肌にもたらす刺激を考えれば、何もしない方が良い。
だから、最低限のスキンケア(ぬるま湯洗顔や石けん洗顔、少しのワセリンで保湿)にとどめることで、肌は健やかに、そして美しくなっていく…という理論です。

スキンケアを〇〇式肌断食に変えることで、肌がよみがえって、健康かつ美しい肌になりますよ!
という感じ
です。

マベルMika式肌断食の目的は3つあります。

マベルMika式肌断食の目的
  1. 肌の強い炎症を軽減させる
  2. 肌のターンオーバー促進(治癒力を発揮させる)
  3. 本来の肌質を知る

マベルMika式肌断食は、炎症があるお肌に対して行うスキンケアであるということがわかるかと思います。

逆に言えば、炎症がないお肌に対して行うスキンケアではありません。

マベルMika式肌断食のやり方

方法

マベルMika式肌断食のやり方は簡単です。

マベルMika式肌断食のやり方
  • 洗顔しない(水でもぬるま湯でも濡らしません)
  • 保湿しない(化粧水も乳液もワセリンもつけません)

これだけです。

※お薬を使用している方は、それも接触になるのでやめていただく方が良いですが、心配な方は医師の指導を受けながらお薬を減らしていかれると良いでしょう。

※メイクもできるだけしないことをお勧めします。メイクも接触になり、そのオフをするとなると洗顔をすることになるためです。お仕事の都合などでメイクしなければならない場合は、リキッドタイプは使用せずパウダリータイプでメイクしてください。そして、オフ(洗顔)はスタート時1週間はせずに過ごしてください。

期間

そして、期間が決まっています。

マベルMika式肌断食の期間

まずは、1週間だけ行ってください。

1週間という期限を決めているのには、理由があります。
無洗顔や無保湿というケアが合わない箇所が出てきた場合、その先にはそれらのケアを入れていく必要があるからです。

チェックすること

マベルMika式肌断食をすると、肌に何かしらの変化が見られます。
大切なのは、それらの変化を見逃さないことです。

以下にチェックポイントを記しますが、お顔のパーツごとに細かく観察してみてください。

チェックするのは、以下のタイミングで行うと良いです。

【肌断食スタート時】▶︎【肌断食2日目】▶︎【肌断食7日目】

チェックポイント①炎症がどうなったか?

マベルMika式肌断食の目的の一つに、炎症を軽減させるという項目があります。
マベルMika式肌断食をして、炎症が軽減したのか?増えたのか?変わらないのか?を観察しましょう。

炎症:赤み湿疹痛み痒み火照りなど

①…7日間の間に赤みや湿疹が増す、腫れるなどの症状が合った場合はリバウンド反応の可能性があります。
リバウンド反応は、最大10日でピークを迎えた後、症状が軽快していくことがほとんどです。
ただ、このリバウンド反応の症状が強い場合は、お一人では危険な可能性もあります。医師のサポートを受けることもご検討ください。

②…洗顔不足、保湿不足が原因で徐々に炎症が増していくケースもあります。その場合は洗顔、または保湿を検討します。多くの場合は、洗顔が必要なケースが多いです。

③…マベルMika式肌断食をしてみて、炎症が軽減していったということは、「洗顔や保湿など肌への接触が炎症改善を妨げていた」ということがわかります。肌断食を中心とした肌質に応じたスキンケアをしていくと良いです。

チェックポイント②水分量・皮脂量の変化はどうか?

マベルMika式肌断食をする目的の3つ目にある、本来の肌質を把握するために、肌の水分量と皮脂量をチェックします。
肌の水分量や皮脂量は、とても主観的な判断になりがちなので、以下を参考にしてみてください。

肌の水分量:つっぱる感覚がある・サラサラしている・全く皮脂を感じない・肌を動かすと亀裂が入りそう

肌の皮脂量:見た目(テカテカ、ベトベト)や指で触ってみて確認します。

皮脂レベル
スクロールできます
皮脂レベル⑤見ただけで皮脂があるのがわかる。皮脂がとても多くつく。
皮脂レベル④触れるとベタっとつく。
皮脂レベル③少しペタペタとする。指がわずかに光る程度の皮脂量。
皮脂レベル②指に皮脂がつくことはないが、乾燥も感じない。しっとりしている。
皮脂レベル①サラサラとしている。しっとりを下回って乾燥している。

チェックポイント③美容的なトラブルがないかどうか

最後に、美容的なトラブルが出ていないかどうかをチェックします。

【美容トラブルの例】
ニキビ、角栓、シワ、シミ

マベルMikas式肌断食をしたことによって、美容トラブルが出ることもあります。
どのようなトラブルが出てきたのかをチェックしてください。

美容トラブルは、炎症箇所であればその解決のためのケアは先送り(炎症解決が先)です。
炎症していない箇所であれば、美容トラブル解決のためのケアをしていくことができます。

マベルMika式肌断食は、皮膚炎卒業のスタートライン

皮膚炎や肌トラブルを解決するためには、本来の肌質に合ったスキンケアをすることが最も重要です。

本来の肌質に合ったスキンケアを始めることが皮膚炎卒業のスタートライン。

マベルMika式肌断食はそのスタートラインに立つための、事前準備的なスキンケアです。

ぜひ、こちらの記事を参考にマベルMika式肌断食をスタートしてみてくださいね。

お一人では不安な方は、個別でのサポートをしております。
こちら↓を参照くださいね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

皮膚炎専門のスキンケアアドバイザー。
自身の経験をもとに「マベルMika式肌断食」正規加盟店として、皮膚炎や肌トラブルに悩む方をサポートしている。
◆沖縄在住
◆夫・4歳息子との3人家族

コメント

コメントする

目次
閉じる