「肌と身体のチカラを高めてすこやかな肌を手に入れる方法」電子書籍&動画、無料プレゼント中!

#o1肌のキメ_細胞がふっくら&ぎっしり詰まった肌をめざそう

「きめ細かい肌」ってよく聞くけれど、お肌のキメって一体何??
そんな風に思ったことはないですか?

「お肌のキメ」について理解すると、どのようにして美肌を作っていけるのか?イメージできると思いますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

目次

お肌のキメとは??

「きめ細かい」とか「キメが整っている」など、お肌のキメを表した表現をよく耳にしたことがあると思います。

キメとは何?というところをお話ししてみます。

皮丘(ひきゅう)と皮溝(ひこう)

お肌をよーくよくみると、たくさんの細かい線が見えると思います。

その線と、線で囲まれたところによって、お肌のキメができています。

線、つまり溝(みぞ)の部分が、キメを構成する皮溝(ひこう)と呼ばれる箇所。

溝と溝の間に膨らんで見える箇所が皮丘(ひきゅう)と呼ばれる箇所です。

お肌のキメ=皮丘(ひきゅう)&皮溝(ひこう)

肌のキメについて理解したら、この写真を見てみてください。
きめ細かい肌ときめの粗い肌の違いがわかるかと思います。

キメの粗い肌は、が太くて浅い感じがしませんか?溝と溝の間の丘(皮丘)の箇所も平らでのっぺりとして見えます。

それに対して、キメの細かい肌は、ひとつひとつの丘(皮丘)がはっきりとふっくらとしていて、溝(皮溝)もくっきりはっきり、深く細いです。

“キメが細かい肌”と“キメが粗い肌”、何が違うの?

ではでは、キメが細かい肌とキメが粗い肌とでは、何が違うのか??

断面図を使って説明してみます。

キメが細かい肌は、こんな感じです↓

皮丘がふっくらなめらか!だからこそ、皮溝も細くて深く、はっきりとした線になります。

対して、きめの粗い肌はこんな感じです。

皮丘がぴーんと引き伸ばされたように平らになっています。
そして皮溝も引き伸ばされたように太くなり、深さのない浅い溝になっています。

肌のツヤは、「キメ」が関わっています

肌がツヤツヤとして見えるとき、実はこの、キメの細かさが関わっています。

キメの細かい肌は、表面が曲線的なので、当たった光を乱反射するのです。
それが、目で見たとき「ツヤ」として感じられます。

メイク用品でも、この乱反射を起こすことでツヤを演出するアイテムが豊富にあります。

素肌のキメが細かく整っていれば、自然とツヤがでてくるものです。

キメの細かい肌はどうやってできる?

きめ細かい肌は、自然な光を放ち、とても健康的で美しいですよね。

でも、きめ細かい肌はどうやってできるのでしょうか?

きめ細かい肌を作るには、2つポイントがあります。

  • 肌の生まれるサイクルに寄り添うこと
  • 肌の構成成分を削ぎ取らないこと

ポイント①肌の生まれるサイクルに寄り添う

最初に、表面をどうにかしたくなると思うのですが、そうではなくて、より内側、肌の生まれるサイクルに目を向けてみましょう。

肌の細胞が生まれる場所があります。それが「基底層」。

基底層でどのように細胞が生まれるか?は、きめ細かい肌を作る上でとても重要なポイントになります。

基底層は、表皮と真皮の境目を守っている層です。
基底層では、毎日新しい肌細胞が生まれ、生まれた肌細胞は45日かけて表面に顔を出します。

どのような細胞が生まれるかによって、表面の肌が変わってくる、イメージが付きますでしょうか??

私のイメージですが、基底層が健康でストレスなく働けるのであれば、生まれてくる肌細胞は、よりふっくらとしてふくよかであり、細胞分裂する力もあるため、たくさんの細胞を生み出すことができる・・・

逆に、基底層が元気がないと、生まれてくる肌細胞も痩せ細っていて頼りなく、細胞もたくさんは生み出されないために細胞数は少なめ。スカスカ〜とした表皮、そして角質層が出来上がる・・・そんなイメージです。

肌のサイクルに寄り添うとは??

肌が生まれ変わるその力に寄り添うこと。

基底層でどのような細胞が生まれるかは、これらが重要になってきます。

肌がすこやかに生まれ変わるカギ
血流と栄養

肌に十分な血液が届くこと、その血液も栄養豊富であること。

それがとても大切になってきます。

皮膚炎の方は肌に赤みがありますよね。治ったあとも赤みが残っている方もいらっしゃると思います。
私もそうでした。

肌の赤みは、肌が血液を必要としている証拠。

修復したいけれど、そのために血液が必要。
だから血管が拡張して何倍もの血液が流れるようにしている。

肌に十分な血液を届けるために、素肌美クレンジングで手のひらの温度で肌を「温める」はとても有効です。

あと、運動や身体を温めることも有効です。お風呂に浸かる、腹巻きをする、レッグウォーマーをするなど、できることから始めてみてくださいね。

ポイント②肌の構成成分を削ぎ取らないこと

次に重要なのは、肌を構成する成分を削ぎ取らないこと。

肌表面を削るケア・・・ピーリングや酵素洗顔をはじめ、洗浄剤での洗顔もその削るケアに含まれると私は考えるようになりました。

肌の表面には、皮脂膜があり、そこには常在菌が棲んでいます。

肌表面がすこやかで、役割を果たせるための材料を私たちの肌は自分で生み出すことができて、肌を守る力があります。

肌を削ぎ取るケアをしない
ピーリングなどの角質ケア・洗浄剤での洗顔(石鹸・洗顔フォーム・クレンジングなど)

お肌が弱い方でも、そうでない方でも、これらのケアをできるだけ避けて、肌を構成している成分を落とさず守ってあげることで、肌表面がダメージを受けることが少なくなります。

日々のケアが肌にダメージを与えているとしたら悲しいですよね。

肌のキメを細やかに整える、おすすめのスキンケア

まだ、こちらのブログでは詳しいやり方を解説していないのですが、MOON PEACHさんの提唱する「素肌美クレンジングとスキンケアステップ」は、肌に寄り添いながら、「きめ細かい肌」を叶えてくれる優しいスキンケアです。

詳しいやり方は、こちらの資料と動画講座で説明していますので、ぜひご覧になってみてくださいね!

美容好きから皮膚炎になり、肌断食で回復した肌に徐々に美容ケアをしてまた肌に赤みが戻るなど、肌悩みの絶えない私がたどり着いた、素敵なスキンケア商品と、肌理論です。

皮膚炎や肌トラブルに悩む方へ、届くと嬉しいです。

YouTubeもcheck!

公式LINEでプレゼント中(画像をクリック↓)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次