Yui Itami Official Blog

肌質を知って美肌になろう

ゆいです!

今日は肌質についてのお話♪

個別指導の中で、肌質について
当たり前のようにお話ししていますが、
そもそも肌質ってなに??
どうして重要なの??

肌質の理解は、美肌を目指す上でとっても重要なので
記事にまとめてみますね。

 

肌質ってそもそも何??

お肌って、
適度な水分と適度な油分が協力し合うことで
健康な状態をキープしています。

つまり、「潤い」ですね。

その潤いがあるから、
ちょっとした刺激にも耐えることができたり、
滑らかに動かすことができたりしているんです。

その、「水分」と「油分」のバランスが
人それぞれ、
お肌の箇所それぞれで異なります。

それを「肌質」といっています。

 

 

「肌質」が重要な理由

あらゆる肌トラブル、皮膚の炎症は、
肌自体の炎症と
肌の水分量と油分量のバランスが乱れていることが
主な原因なんです。

逆に言えば、
肌質に合ったスキンケアができれば
美肌をキープできる!ということ。

個別指導の中でも、
肌質に合ったスキンケアをしていくだけで
あらゆる肌悩みから解放される方、続出です。

全ての方が、自分の肌質を理解できて
それに合わせたスキンケアができれば
お肌で悩むことは無くなるのではないのではないかとさえ、思います。

 

「肌質」は顔全体でひとつじゃない。

さて、
「肌質」って、ひとつに当てはまると思っている方って
多いのではないかな??

私も以前はそうでしたね 汗

よく、お化粧品に
「オイリー肌用」とか「乾燥肌用」とか記載があって
それに自分の肌質を(自己判断で)当てはめていたのを
覚えています。

お顔全体が〇〇肌!
という方って、いないのではないかなと思います。

お肌の箇所によって皮脂腺の分布が異なります。
だから、
肌質はパーツごとに異なっているもの。

ご自身の肌質を細かく分析できると
それに合わせたスキンケアができるようになり、
結果美肌になります!!

まずは、肌質を知りましょう♪

 

普通肌・ノーマルスキン

普通肌というのは、
水分量:適正
油分量(皮脂量):適正

という状態です。

すごく理想的でトラブルの起きにくいお肌質です。

スキンケアでは、この普通肌の状態をキープすることが
重要になってきます。

生まれ持った普通肌の方は
その肌質をキープするためのスキンケアを心がけましょう。

 

脂性肌(オイリースキン)

次に脂性肌!

水分量:適正
油分(皮脂)量:過剰

という状態。

皮脂分泌量が多くて、常にベタベタするという場合は、脂性肌かな?と考えます。

しかし、顔全体が脂性肌である場合ってすごく稀です!
その場合は、生活習慣やホルモンバランスが原因で
皮脂分泌量が増えている可能性が高いです。

お顔の中央線(おでこ、鼻、あごなど)
頭頂部、背中の中心など

これらの箇所は皮脂分泌量が多く、
生まれ持った脂性肌の可能性は高いです。

スキンケアで皮脂が過剰に肌にのった状態をコントロールしてあげましょう。

 

乾燥肌(ドライスキン)

乾燥肌とは

水分量:過少
油分(皮脂)量:過少

という状態です。

生まれ持った肌質で、あまり皮脂が出ないお肌ですね。
もしくは、洗顔のしすぎによって乾燥を招いている場合もあります。

とにかく、洗顔を控えめにする必要があります。
洗顔を控えることで、自力で潤う力を呼び覚まします。
そして、必要な場合は保湿もします。

 

インナードライ肌

最後に、インナードライ肌!

水分量:過少
油分(皮脂)量:過剰

という状態です。

これは、生まれ持った肌質ではなく、
スキンケアなどの後天的な作用によって作られてしまうお肌質です。

多くの場合は、洗顔のしすぎが原因です。

洗顔のしすぎで、角質層やバリア機能が乱れ、水分が蒸発し→乾燥肌に。
次に乾燥した肌を潤すために皮脂が出る→インナードライ肌。

という流れ。

少し皮脂を取るために洗顔は必要だが、
ある程度皮脂を残すことが重要です。

保湿に関しては、保湿したほうが皮脂が出ないのであれば、保湿したほうが良いです。

 

肌質を見極めて、スキンケアの達人になろう

美肌になるには、
この肌質を理解することが
とっても重要です。

まずは基礎知識として、今回の内容を理解していただけたら嬉しいなと思います。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP