Yui Itami Official Blog

5種類の洗顔方法で、皮膚炎から健康なお肌へ!

皮膚炎のお肌が健康なお肌になるためには、
第1ステップでは、マベルMika式肌断食が必須!!

これを1週間です!

そして、次のステップ、つまり第2ステップでは、
お肌の状態に応じた洗顔や保湿を入れていきます。

中でも洗顔は特に重要です!

今日は、この洗顔の種類についてまとめていきます。

  1. 無洗顔
  2. 水洗顔
  3. 水コットン拭き取り
  4. フォーム洗顔
  5. ジェルクレンジング洗顔

 

無洗顔

マベルMika式肌断食のメソッドでは、
無洗顔も洗顔のひとつとして考えますよ。

無洗顔を選ぶのはこんな時!

  • 炎症箇所(炎症箇所には基本的には肌断食ですので、炎症箇所への第一選択は、「肌断食」になります)
  • 乾燥している

水洗顔

皮脂が多いとき、汗を落としたいときなど
無洗顔では荒れてしまうというときに
洗顔が必要だということになります。

”洗顔する”洗顔方法の中で、もっとも刺激が低い方法が水洗顔。

ここで注意!!

「ぬるま湯洗顔」ではダメですよー!!「水」洗顔です!!

 

水=ひんやりと心地よい温度の水 です。

ぬるま湯洗顔をする方って、本当に多いです。
一般的には、洗顔といえばまずは「ぬるま湯で濡らす」と聞きますよね〜。

ぬるま湯洗顔がなぜNGなのか・・・

それは、

皮脂が取れすぎるから!!

です。

 

皮脂が取れすぎる=乾燥する

皮脂は多すぎてもいけないし、少なすぎてもいけない。

かといって、ぬるま湯洗顔では取れすぎる。

水洗顔を選択する時は、
「ある程度の皮脂を残したい」のです。

水洗顔だけでは皮脂は落としきれない。

でもそれがちょうど良い。

そんなときに水洗顔を選択します。

 

水コットン拭き取り

コットンに水を含ませたら、ぎゅっと軽くしぼる(水が垂れない程度に)。

そして、肌の上を1方向へ滑らせます。

これが「水コットン拭き取り」!

どんなときに水コットン拭き取りを選ぶかというと、
皮脂を落としたい!けどフォーム洗顔だと落ちすぎて荒れる、または乾燥する
でも水洗顔だと、弱い・・・。

そんなときに、選びます。

あと、美容ケアでガサガサを優しくオフしていきたいときにも
この洗顔方法を選んだりします。

フォーム洗顔

次に、洗浄力が高いのがフォーム洗顔です。

フォーム洗顔で覚えていて欲しいことが、

基本的に、全てのお肌質でフォーム洗顔は1日1回まで!です。

1日2回は多いのです・・・。乾燥肌になってしまいます。

 

ジェルクレンジング洗顔

最後に、最も洗浄力が高いのがジェルクレンジング洗顔。

「ジェル」タイプのものを使ってくださいね!

脂性肌で、油分がとても多い箇所は、
フォーム洗顔だけでは皮脂が取りきれません。

定期的なクレンジングが必要な場合があります。

あとは、油分の多いメイクやUVクリームを使用する場合は週に1回はクレンジングが必要です。

 

 

今日は5つの洗顔方法についてお伝えしました。
「洗顔」を考えるときは、この中のどれかを選択することになります。

覚えていてくださいね。

 

YouTubeでもお話ししてみましたよ!
よかったら見てみてくださいね。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP